Recruit採用情報

社長メッセージ

代表取締役渡沼健一

代表取締役渡沼 健一

入社希望の皆さんへ

弊社が、毎年新卒の生徒を採用している理由は、10年後、20年後の東京躯体で
幹部として活躍してほしいと考えているからです。
そのためにも、私たちの生業である建物を造るという仕事を通して、
自分自身の技術と人格を磨き、自分自身を創ってほしいと考え、
これを念頭に日々の企業活動を行っています。

将来、弊社のみならず、建設業ひいては社会に貢献できる人材になってもらうためには、まず各人が
社会人という自覚を持つことにあるのではないでしょうか。

4月1日をもって学生から社会人に激変する環境の中、弊社では、新入社員の皆さんにじっくりと意識を変えていく研修期間をとっています。具体的には、4月から5月末までの2か月の新入社員の研修を実施しております。
2か月という長い研修期間を設ける企業は、私自身もあまり聞いたことがありませんが、新入社員の皆さんが、「社会人ってなんだろう?」ということをじっくり掘り下げ、意識を変えていくモラトリアム期間として必要な時間だと思っています。

 この研修は、今年で7年目を迎え、すでに24名が社員として頑張っており、入社7年目を迎えた1期生3名は、社内での職種を決め、日々自分自身の技術と人格を磨きながら、幹部候補として国家資格に挑戦しています。

 育成内容としては大きく分けて2つ。6月からの実践に向けての準備と社会人としての自覚を促す研修を
行っています。
実践に向けての研修では、建築施工の流れを、座学と現場見学・現場実習を通して理論と実践を学び、
平行して当面必要な資格も取得します。
また、社会人としての研修では、弊社が施工協力をしている、大成建設の工事現場で実践されている、
「工場十訓」を取り入れながら、弊社の経営理念である、「従業員とその家族の安定的な生活基盤を確保し、
それを存続し続ける。」を核に、社会人としての人格と品格の基礎を作り上げるため、対話を交えた講話を
行っています。

昨今の建設現場での働く環境は、整備が進み大きく変わりました。
それは、2020年東京オリンピック・パラリンピックの影響で建設業が注目された事が契機になったのかも
しれません。特に弊社が施工協力をした新国立競技場ではそれが顕著に表れていたことを実感しました。
そのような環境ではありますが、世界は激動の時代に入りつつあるように感じます。
この激動は、日本の建設業のあり方さえも変えてしまうかもしれません。
しかし、このような時代こそ私たちが目指している経営理念が輝く時だと考えています。
建物を造りながら、社会人として自分自身を創っていく。そして将来家族を作り守っていく。
当たり前のことですが、この当たり前のことを真剣に日々支えていくことが、東京躯体の企業活動です。

代表取締役渡沼健一